Works

IMAGINE PROJECT / NO NUKE,SAVE LIFE ! 2013/03/23

This is the installation for opposing nuclear power plant restart by mobile laser projector.

The message “NO NUKE! SAVE LIFE!” was projected from a position 200 meters away from the Houses of Parliament and the Prime Minister’s Office.

In 2013, the Fukushima nuclear accident revealed the dangers of the nuclear power plant, but the government decided to restart it.

During the year, people held a demonstration against the restart of the nuclear power plant in front of the Prime Minister’s Office.

I used a compact mobile laser to project a NO NUKE message 200 meters away from the Prime Minister’s Office. Battery-powered, hand-made laser projectors can bomb messages to buildings 200 meters away, despite being extremely small and portable.

Delivering voices of people to the govement by technology!

これは、モバイルレーザープロジェクターによる原子力発電所の再起動に反対するためのインスタレーションです。

メッセージ「NO NUKE! SAVE LIFE!」は、国会議事堂と首相府から200メートル離れた位置から投影されました。

2013年、福島原発事故により原子力発電所の危険性が明らかになりましたが、政府はそれを再開することを決定しました。この年、人々は首相官邸の前で原子力発電所の再起動に反対するデモを行いました。

首相官邸から200メートル離れたところにNO NUKEメッセージを投影するためにコンパクトなモバイルレーザーを使用しました。 バッテリー駆動の手作りレーザープロジェクターは、非常に小さくて持ち運びが簡単ですが、200メートル先の建物にメッセージを送ることができます。

テクノロジーによって政府に人々の声を届けます。