Works

Light Groove@MUTEK 2018/11/03 2018/12/24

Daisuke Tanabe × Nobumichi Asai
Produced by JKD Collective

科学未来館で行われたカナダ・モントリオール発の音楽とテクノロジーの祭典「MUTEK」おいてDaisuke TanabeとNobumichi Asaiによるパフォーマンスが行われました。このパフォーマンスのために、グルーブを光によって、高精度に拡張表現するLight Grooveシステムが開発されました。リズムセクションのタイミング、ベロシティー、ディケイタイムを光に変換&シンクロさせることで、light grooveを現出させています。シンプルなアイデアですが、サウンドとビジュアルがミスマッチしがちな既存のVJへのアンチテーゼとして開発されました。grooveが強調されることでプリミティブな肉体性が強化されて、ビートへの没入感が高められます。そのためにテック的にも工夫がされており、既存のdmx信号だと1/25秒単位でしか制御できないので、macから直接pwm駆動させることで1/10000秒単位でのシンクロを実現しています。

Performance by nobumichi asai and daisuke tanabe was held on the music and technology festival “MUTEK” from Montreal, Canada on November 3, 2018 at the Miraikan. Light Groove system which expands & deforms groove with high precision is newly developed.By converting the timing and velocity and decay time of the rhythm section to light with high precision and synchronizing it, light groove is revealed. Although it is a simple idea, I tried it as an antithesis to an existing VJ that sound and visual tends to mismatch. By emphasizing the groove, the primitive physicality is enhanced, and the feeling of immersion in the beat is heightened. It is a little devised also as Tech. Since existing dmx signals can only be controlled in units of 1 / 25th second, synchronization is achieved in units of 1/10000 sec by pwm driving directly from mac.

Daisuke Tanabe : Music Composer
Nobumichi Asai : Creative Direction & Hardware Development & Programing
Masayuki Daijima : Web GL Programing(for Projection)
Sotaro Tomiyama (JKD Collective) : Art Director
Bruce Ikeda (JKD Collective) : Produce